【乳首の黒ずみクリーム比較】イビサクリーム&ビーグレンb-glen

ビーグレン

”イビサクリーム”と”ビーグレンb-glen”

乳首に使える低刺激+有効成分を使っている黒ずみクリームを比較しました。

 

  • ビーグレン
    ハイドロキノンに特化した化粧品を開発している海外メーカーです。
  • イビサクリーム
    「ブラジリアンワックスの脱毛サロン」開発アイテム。

    ビーグレンは顔のシミに対するクリームとして開発しています。
    一方で、イビサクリームはデリケートゾーンにも使える黒ずみクリームです。

 

ビーグレンは顔のシミ・色素沈着を改善するクリームで、顔以外への使用は推奨されていません。
イビサクリームは脱毛サロンのユーザーの声を取り入れて作られた黒ずみケア専用のクリームで、顧客満足度が高いです。

 

”イビサクリーム”と”ビーグレン”早見比較表

 

  イビサクリーム ビーグレン b-glen
種別 医薬部外品 医薬部外品
美白有効成分
(厚生労働省の認可)
厚生労働省が「美白*効果」と認めた成分を使っている。
*日焼けによるシミ、ソバカスを防ぐ
トラネキサム酸(トランサミン)トラネキサム酸はアミノ酸の1種。「メラノサイトの活性化を抑制する」
「肌荒れを抑制する」という2つの作用

グリチルリチン酸ジカリウム

生薬「甘草」の有効成分。

炎症を抑えることから、肌荒れやニキビのケアに使用されます。

≫乳首の黒ずみ成分につてもっと詳しく!

ハイドロキノン
ビーグレンは、ハイドロキノンを広く使っているメーカーです。

ビーグレン独自の浸透テクノロジーQuSome®と共に、より浸透力が高く、効果の高いシミケア製品を目指しています。

ハイドロキノンは毒性も報告されていますが、低刺激な配合を実現しています。

≫ハイドロキノンの成分についてもっと詳しく!

保湿成分
  • ヒアルロン酸ナトリウム
  • グリセリン
  • ローズ水
  • 天然ビタミンE
  • ヘキシル3-グリセリルアスコルビン酸
  • ハイビスカス花発酵液
  • βホワイト
  • TGP2
  • クリーム内の保湿成分も、ビーグレンは独自のものを活用しています。
顧客満足度 96.7% 満足度記載なし
使える場所
  • 顔のシミ
  • VIO(デリケートゾーン)
  • 乳首(バストトップ)
  • 脱毛中・脱毛後の黒ずみ
  • デコルテ
  • 肘ひじ
  • 膝ひざ
  • 脇ワキ
  • にきび跡
  • 目元
  • 背中
  • 胸元
  • 日焼け
  • 顔のシミ
  • 顔の色素沈着
  • 顔のくすみ
  • 顔のニキビ跡
使用禁止部位 粘膜部分
小陰唇と肛門部分などは粘膜に入ります。
記載なし
値段(単品) 7,000円(送料無料) 6,480円
定期購入価格 1ヶ月目29%OFF:4,970円
2か月目29%OFF:4,970円
3か月目36%OFF:4,480円(最安値!)
1ヶ月目:6,156円
2ヶ月目:6,156円
3ヶ月目:6,156円
返金保証 あり(28日間) なし
内容量 35g 15g

 

2つの乳首の黒ずみクリームの違い

成分としては、厚生労働省の認可の成分はイビサクリームが2種類
ビーグレンはハイドロキノン1種類です。

ハイドロキノンは成分上漂白効果はありますが、毒性もあるためデリケートな乳首には使えません。

 

乳首の黒ずみケアで考えた場合は、安全性が高く乳首への使用を前提で開発されているイビサクリームがピッタリです。

 

返金保証期間は、期間が大きく違いますが1本1か月の使用期間を考えると28日間あれば十分です!

ビーグレンには返金保証もありません。

”イビサクリーム”と”ビーグレン”
まとめ

イビサクリームのトラネキサム酸、グリチルリチン酸ジカリウムは美白*有効成分ではあっても、刺激が少ない成分なので敏感肌の方でもチャレンジが可能です。

 

美白*有効成分は2種類入っているイビサクリームが断然一押し!
顧客満足度も96%を超えている優良商品なので、お試しする価値あり

 

 

 

 

コメント