バストトップ・乳首黒ずみの原因は大きく3つ!原因を排除してピンクを目指す♪

バストトップをピンクに近づけるには、原因を排除すること!
黒ずみの原因は3つあるので、それを取り除くことが出来るのが一番です。

 

バストトップ 黒ずみ

黒ずみ原因1 メラニンの色素沈着

メラミン色素の沈着が乳首の黒ずみが一番大きな理由です。
20代、30代で妊娠していない女性のほとんどはこれに当たります。

メラミンは紫外線や外部の刺激からデリケートな皮膚を守るために生成されます。
とくに、デリケートな場所(乳首、VIOライン)はメラミン色素の発生が多いといわれています。

乳首は黒ずみやすいのです!

原因としては

  • 下着(ブラジャー)のこすれ
  • 洗いすぎ
  • 乾燥
  • ホルモンバランスの乱れ

などです。

合わないサイズのブラジャーなどを使っていませんか?
より色素沈着を促す事もあるので、自分に合うサイズのものを使ってください。

 

黒ずみ原因2 加齢

正常なお肌のターンオーバーは28日間
加齢によって、その周期は伸びていきます。

ターンオーバーが伸びると、古い角質と一緒に排出されるべきメラミン色素が排出されずに皮膚に蓄積してしまいます。

しかし、閉経後になると、話は変わります。
閉経を迎えた後には、メラミン色素の生成量がグッと減るので、メラミン色素がなくなることで薄ピンク色になる女性が多いです。

ジムのスパなどで年齢層の高い女性を見かけると、きれいなピンク色をしている方が多いですね。これはそもそものメラミンの生成量が減ることが理由になります。

 

黒ずみ原因3 妊娠・授乳

授乳黒ずみ

 

妊娠すると、バストトップは真っ黒になります。
こんなに黒いのか!?と驚くくらいの黒さになります。
妊娠中の女性はエストロゲンとプロゲステロンの分泌が盛んになることで、メラミン色素を刺激して生成量が増えます。
結果的に、メラミン色素が増えることで乳首が真っ黒になります。

 

妊娠中、授乳中の乳首黒ずみは一過性

出産と授乳がおわり、女性ホルモンの量が通常に戻るとメラミン色素の生成量が落ち着きます。

落ち着くと、真っ黒だった乳首が元の色に戻ってきます。
しかし、時間がかかります。

授乳が終わってから、数ヶ月は我慢の時期です。

乳首の黒ずみから脱却したい!

  • 授乳が終わってもなかなか元に戻らない。
  • メラミンの排出を早めたい。
  • 黒ずみ乳首が嫌い。
  • ピンク色のバストトップになりたい。

 

そう考えているなら、
バストトップの黒ずみケアアイテムを使うことで実現します!

 

 

コメント

  1. […] ≫黒ずみの原因について詳しくはこちら […]

タイトルとURLをコピーしました