【高額だけどピンクになれる】皮膚科での乳首の黒ずみ治療は保険適用外!

皮膚科で乳首の黒ずみ治療をする場合、3つの選択肢があります。
レーズンのように濃い黒の場合は、併用する場合もあります。

  • クリームで黒ずみケア
  • レーザーで黒ずみケア
  • ケミカルピーリングで黒ずみを薄くする

 

乳首の黒ずみを薄くしたいときに処方される治療薬

代表的なものは3種類です。

これらの3種類を併用したり、保湿クリームとの組み合わせで使います。
肝斑の治療に使われたり、シミや黒ずみのケアに使われます。

乳首の黒ずみを薄くしたいときするケミカルピーリング

ハイドロキノンやトレチノインを使って行われたり、従来使われていたサリチル酸などによってピーリングすることで乳首の黒ずみを改善します。

医療行為となりますので、皮膚科や美容外科などでうけられます。

乳首の黒ずみを薄くしたいときにレーザー治療

ピコレーザーやQスイッチレーザーなどレーザーにも様々な種類があり、乳首の黒ずみにマッチしたレーザーが使われます。

高価ではありますが、短期間で黒ずみへの効果が実感できる治療です。

美容外科や皮膚科にご相談ください。

自宅で黒ずみケアするなら専用のクリームを活用する!

肌のターンオーバーを考えて3か月の継続で実感する口コミが多いようです。

自宅でセルフケアすることで、費用はとても安く済みます。
目安ではありますが、乳首ケアNO1のイビサクリームでは3か月で14,000円ほどになります。

レーザー治療、ケミカルピーリングなど高価なことを考えると、かなり安くケア出来るのが魅力です
また、誰にも知られずにケアを継続することが出来ます。

 

自宅でのケアをする場合は、乳首やデリケートゾーンに使える専用の乳首黒ずみクリームを使ってください。
そうすることで、デリケートな乳首部分でも肌トラブルなく美白*を追求することが可能です。

また、厚生労働省が認可している美白有効成分が入っているクリームをチョイスしてください。

美白「*:メラニンの生成を抑え、日焼けによるしみ、そばかすを防ぐ」

コメント

  1. […] ≫美容外科や皮膚科に行く場合 […]

タイトルとURLをコピーしました