乳首の黒ずみケアにつかわれるハイドロキノンとは?強力な漂白作用成分

皮膚科でのシミや黒ずみケアをするとおススメされるのがハイドロキノンとルミキシルです。
ハイドロキノンについて説明します!

ハイドロキノンの成分解説

ハイドロキノンは4%未満のものは化粧品屋医薬部外品にも配合されていますが、非常に強い薬であるため4%以上のものは医薬品指定になっています。
また、副作用なども報告されています。

ハイドロキノンは既に出来てしまったシミにも高い効果がある成分です。

 

ハイドロキノンhydroquinoneとは

米国では『美白』といえばハイドロキノンがメインに使われていることもあり、医薬品指定の美白効果として有名です。
日本では成分の不安定さ、効果が高い判明副作用もあることからあまり使われてきませんでした。

しかし、肌の漂白剤と言われるくらい効果には定評があるようです。

メラニン色素を作る細胞(メラノサイト)の活動を停止させ、減少させていくことが出来る成分です。

ハイドロキノンとルミキシルという成分が比較対象になりがちですが、ハイドロキノンの方が美白成分としては強力です。

 

出来てしまったシミを薄く還元する作用についてはハイドロキノンの方が高い。
メラニン生成に関わるチロシナーゼを抑える作用についてはルミキシルの方が高い。
≫ルミキシルについてはこちら

 

チロシナーゼを抑える作用について

同じ量のハイドロキノンが7%に対し、ルミキシルは40%という実験結果が出ているそうです。(スタンフォード大学皮膚科の実験結果)

ルミキシルには、黒色メラニンを漂白(還元)する作用はありません。

 

アレルギーや副作用

赤みや皮膚がむけることがあり、5%以上の濃度では動物実験における発がん性も確認されています。

 

シミや黒ずみで悩む方なら使ってみたいと思うのがハイドロキノン!!
ぜひ、乳首(バストトップ)に使いたい!!と思いますよね。

ところが、、、

ハイドロキノンは乳首(バストトップ)に使うことは考えられていません。

乳首の皮膚は顔よりも薄いので、思いもかけないトラブルが発生する場合があります。

どうしてもハイドロキノンで黒ずみケアをしたい!という方は、使う場所の相談をきちっと担当医にしてくださいね。

自宅で乳首ケアをしたいなら、黒ずみ専用クリーム

ハイドロキノンの4%濃度以上は医師の処方が必要となり、自分の乳首の黒ずみを皮膚科や美容外科へ相談しなけらば行けません。

恥ずかしさもありますし、保険適用外となり費用も高くなる傾向があります。

自宅で黒ずみ専用クリームを使って行うケアはクリニックや美容外科に通うよりも断然安い値段で行うことが可能です。

 

家族にも彼にもバレずにピンク色を目指すことが出来ます!

 

  • 乳首の黒ずみケアをこっそりしたい
  • 彼にも家族にも誰にも知られたくない
  • 皮膚科や美容外科で医者に相談したくない
  • 黒ずみケアにかかる費用を抑えたい

 

こんな方は自宅で簡単いケアが可能な乳首黒ずみの専用クリームを使ってください。

保湿と美白*のWケアが出来るのに、低刺激なものがあります。
乳首の黒ずみケアは結果が早く出たという口コミもありますので、2,3か月バストトップの黒ずみケアを頑張ってはいかがでしょうか。

美白「*:メラニンの生成を抑え、日焼けによるしみ、そばかすを防ぐ」

コメント

  1. […] ックが多いです。 ≫ハイドロキノンについてはこちら […]

  2. […] ≫ハイドロキノンについてはこちら […]

  3. […] ≫ハイドロキノンの詳しい毒性と効果について  […]

  4. […] ≫ハイドロキノンの成分についてもっと詳しく! […]

タイトルとURLをコピーしました