妊娠・授乳中のまっくろ乳首の原因!レーズン乳首の黒ずみをピンクにしたい!

女性ホルモン

妊娠中と授乳中の乳首はビックリするくらいまっくろになります。
まるでレーズン乳首!

乳首専用の美白クリームなどを使ってケアをしない限り、妊娠中も授乳中もず~っと真っ黒です。

 

≫乳首専用の美白クリームをチェック

 

妊娠中・授乳中のレーズン乳首の原因

これは女性ホルモンの働きによるものなのです。

妊娠中・授乳中はエストロゲン、プロゲステロンという名前の女性ホルモンの分泌が盛んになります。それらがメラニン色素を刺激することで、まっくろなレーズン乳首になってしまいます。

真っ黒なレーズン乳首が元のピンク色、もしくは薄い茶色にもどるのでしょうか?

元に戻りますが、授乳が終わり女性ホルモンの影響が落ち着いて数カ月間は必要です。

それも個人差があるので、1年経っても戻らないという女性のお悩みも良く聞きます。

すごく切実な出産授乳中のまっくろ乳首

リアルな女性の声を読むと、みんな切実に悩んでいるのが良く分かります。
一日でも早く乳首の黒ずみから解放されたいという想いが伝わって来ます。

 

 

妊娠中・授乳中の黒ずみは時間が経過すれば元に戻る

すぐに元に戻りたい!と思うかもしれませんが、時間が経過することで女性ホルモンの量が落ち着き、黒ずみも元に戻ります。

大体の目安の期間ですが

妊娠期間10か月+授乳期間2年+ホルモンが戻るまで半年~1年

 

授乳期間の長さにもよりますが、
授乳後は半年~1年が平均値。

個人差があるため、もっと長い時間がかかった女性もいます。

授乳が終わっても黒ずみが戻らない時にすること

個人差があるので、短い方も長い方もいます。
しかし、時間が経っても元のような色に戻らない場合もあります。

「ピンク色になりたい」
「もとのような薄い色に戻りたい」

そのように考えたなら、乳首の美白ケア専用クリームを使うことでメラミンの排出を促し、乳首の黒ずみをケアしていくことが可能です。

積極的なケアをすることによって、時間経過を末よりは断然早くメラミン色素が排出されて薄い乳首を目指すことが出来ます。

 

 

コメント